湯冷め防止におすすめの”クールダウン”

湯冷め防止におすすめの”クールダウン”

こんにちは。
温活アロマLifeアドバイザーの能美あずさです。
記念すべき、第一回目のコラムのテーマは「クールダウン」です。

夏の冷えを解消するには
”温活”のススメと”クールダウン”

10月に入り、沖縄もやっと涼しい日が増えてきますね。

アナタはこの夏は湯船につかる習慣はありましたか?
最近は、クーラーや冷たい飲み物で内臓から冷えている方も多いので夏場でも意識して入浴する方も増えています。

しかし、暑い夏に温活というと
「暑くてできない」という答えが返ってくることが多いのですが
この時期から冬に向けて少しずつ”温める”ということに意識を向けていくと冷え性の方も冬場がラクになりますよ。

今回は、これから冬に向けて取り組める
温活には欠かせない入浴時のクールダウンについてお話します。

冷え性の方は特に寒くなる前からしっかりと入浴する習慣をつけておくことも大事ですね。

しかし、まだまだ暑いさが残る 沖縄の10月

冷え対策に湯船につかるのはいいけど、お風呂上りに汗だらだらで結局寝冷えしてしまう方も居るのではないでしょうか?

湯冷めしない
効果的な入浴方法に必要な”クールダウン”

「湯船につかるのはいいけど、上がった後汗だくで結局冷房に当たって余計冷えるんです。なんか効果的な入浴方法ってないんですか?」

こんな質問が夏場に来たことがあります。

そんな時に効果を発揮するのが、入浴途中の”クールダウン”です♪

湯船に使って温まるのはとても大切なんですが、そのままだと毛穴も開きっぱなしで身体は熱を発散させようとしている状態です。

その状態でお風呂から上がると、質問にもあったように汗だらだらでせっかく温めた体温を奪われて結局また冷えてしまうんですね。

ここでおススメするのが、湯船につかって身体が温まった後に、

一度冷たい水をかけて身体の表面の毛穴を引き締めてあげる”クールダウン”を挟むことです。

良くサウナでも途中何度か冷水で身体を冷やしますよね。

あれはただのぼせないようにするだけではなく、一度冷たい水で引き締めることでその後せっかく温めた身体の熱を逃がしやすくするという効果もあるんです。

これと同じことを湯船につかった時も意識してみてください♪

実際に試した方からは、”クールダウン”をやった時のほうがお風呂から上がってからの汗が減ったという声が実際にありました。

温活といえば湯船にしっかり浸かる!

これも大事ですがもう一歩、入浴の仕方もひと工夫加えてぜひ効果的に温活に取り組みましょう。


今回の温活のポイントは?

今回の温活のポイントは、

ただ入浴するだけではなく身体が温まったら一度冷たい水をかけて”クールダウン”することで毛穴を引き締めてあげること!

一度毛穴を引き締めてあげると湯上りにも毛穴が閉まっているので身体の中の熱を放出しにくくなるということを是非覚えておいてくださいね♪

実践したら、その効果ぜひどうだったかご意見もコメントからお寄せ下さい(^^)

お待ちしております。

温活アロマLifeアドバイザー 能美あずさ

温活カテゴリの最新記事