強い紫外線によるお肌ケアにクレイパックでクールダウン

強い紫外線によるお肌ケアにクレイパックでクールダウン

お肌にとって一番気になるのは?

涼しかった今年の夏。
それでもやはり紫外線は肌につき刺さり、チクチク痛みを感じるほど
できるだけ避けたい紫外線ですが、キャンプや海水浴、夏場はアウトドアの楽しみがいっぱい。
そして、ここ沖縄では、夏だけでなく一年中 紫外線が気になります。

特に日差しの強い日中は、どんなに日焼け止めクリームを塗ったり 日陰で過ごしていても、お肌への紫外線ダメージはゼロではありません。

そんな強い日差しを浴びたことを後悔しないためにも、家に帰った後はクレイパックをしてみませんか?

紫外線ケアにクレイパックをオススメするのは

クレイは体にとっていらないものを排出する作用(デトックス)があります。
日焼けをすることは活性酸素が活発になるのですが、その活性酸素の働きをクレイのバランスで抑えてくれることが期待できます。
ひんやりと心地よいクレイパックを行うことで、お肌の炎症をおさえクールダウンにもなりますしね!

そんな 紫外線のケアに一役も二役もかってくれるクレイパック
ハードルが高く(面倒くさく)感じるという声も多々・・・
いえいえ、そんなことはありません。我が家の夫でもできるくらい クレイパックは簡単なのです。

それでは、簡単に作れるクレイペーストのご紹介

1.ガラスボウルまたは陶器の器にお水、または芳香蒸留水を入れます
(各メーカー、種類によって推奨される水分量が異なります)

2.その水の上にクレイをパラパラと振りかけます。しばらく触らずにおいておくと自然にクレイが水を吸います。

3.さっくり混ぜてお顔へクレイペーストをのせていきます
このとき薄くならないようになるべく5ミリ以上の厚さにするのがポイント

4.15~30分程度パックしたらクレイをとって洗い流します
  その前にクレイが乾いてしまったら時間を待つことなく洗い流しましょう
  

*乾いたクレイパックを無理やりとるとお肌を傷つける可能性があります。もしも乾いてしまったら、乾いた箇所へ水分を与えて優しくふきとるか洗い流して下さい。

クレイがお肌の汚れを吸着するので洗顔は必要ありませんがメイク汚れまでは落ちません。メイクをしている場合はあらかじめクレンジングしておくことをお勧めいたします

そして終わった後は、化粧水などで保湿をたっぷりと!
クレイがお肌の汚れを取り去った後なので、余計なものがなくなったお肌に 化粧水などが浸透していくのが感じられますよ。

日々のケアにクレイパックを取り入れることで、カラダやお肌に不要なものを「ため込まない」を目指してみませんか?

クレイセラピー担当 豊村まなえ

クレイセラピーカテゴリの最新記事