お肌に潤いが欲しい時の栄養素

お肌に潤いが欲しい時の栄養素

沖縄も、少しずつ涼しく(寒く)なってきましたね

季節の変わり目は、自律神経が乱れやすいとともに
お肌が乾燥してきたり、人によってはかゆみが出てくることがあります。
トラブル肌は、誰もなりたくないもの。

そこで今回は、環境に影響されにくい
潤いのあるお肌=コラーゲンの作り方をお伝えします。

潤いのある肌のために必要なコラーゲンを作るには

コラーゲン作りに必要なのは
タンパク質 + 鉄 + ビタミンC の3つの栄養素です。
この3つが揃ってはじめて潤いのあるお肌が作られます。どれかが欠けてもいけません。

①タンパク質

身体の構成材料、タンパク質なくしては
潤いのあるお肌は作れません。

ターンオーバーを正常にするためにも
動物性たんぱく質、卵、発酵した大豆食品、
小魚などで、こまめにタンパク質を食べましょう。

補足として、タンパク質は食いだめができません。

また、ドカ食いは消化不良を起こす原因にもなるため
一食あたり、片手手のひら分を目安にしましょう。

②鉄

有経女性のほとんどが、
鉄が不足しているといわれています。

日々、野菜が多い食事、パンや麺類ばかりの方、
ハードな運動をしている方は(鉄は運動でも大量に失われます。)
食事から意識して鉄を摂っていきましょう。

赤みのお肉やレバーがおススメです。

少し余談ですが、
鉄のフライパンを使うことでも鉄分が補給できます。
扱いも簡単で長持ちするのでおススメです。

③ビタミンC

コラーゲンの材料の一つでもありますが、
鉄の吸収に欠かせないのが、ビタミンCです。

ビタミンCはストレスや風邪、疲労でも大量に使われます。

季節の緑黄色野菜などから意識して摂りましょう。

タンパク質、鉄、ビタミンC で潤いのある肌へ

毎日少しずつの意識で
ぜひこの3つを、取り入れてみてくださいね。。

毎食で難しい場合は
サプリメントで補給するのもおススメします。

ただし、食事あってのサプリメント、
ということは忘れないでくださいね。

サプリメントメインでは、
潤いのあるお肌は難しいです。

環境に影響されにくい、
潤いのあるお肌を
日々の食事から作っていきましょう。

食・栄養担当 内間 心子

食事・栄養カテゴリの最新記事